お知らせ(ブログ)

2017年04月20日(木)  11:27

穀雨

Instagram-image

二十四節気における春は、立春(りっしゅん)に始まり、穀雨(こくう)で終わりを告げます。

農耕民族である私たち日本人の祖は、この時期になると田植えの準備に取り掛かりました。

雪が解け、様々な命が吹き返し、草花が順々に咲き、鳥が渡り…春はすっかり次の命を育む用意ができたころ、

そんな時期が「穀雨」であり、穀物を育てるために降る雨、と言われています。

昨日までの雨や暴風が落ち着き、今日は少し肌寒いですがすごしやすい天気となっています。

我が家周辺では、まだ田んぼの雪は溶けきってはいないのですが、少しずつ田植えの準備も始まってきています。

今日の予定